FX 用語の壁を乗り越える!

FX海外を始めようとする際、最初にぶつかるのはおそらく用語の壁です。取引自体は口座を開設してしまえば、あとは適当にやっていく中で経験を積んで覚えていけると思うのですが、用語がわからないと、実際に自分が何をしているのかを理解することが出来ず、到底勝ち上がることは出来ません。


ここでは、初心者が特に躓きやすい、FX特有の単語について開設してみたいと思います。


まずは「レバレッジ」。これはFXという金融商品を理解する上で最も重要な単語です。この言葉は「レバー(てこ)」に由来し、小さな力で大きな物を動かすという意味で考えおけばよいでしょう。


FXは為替、すなわち言い換えれば各国の通貨を国際市場で売買する際の差額で利益(あるいは損失)を生み出す仕組みであるのはご承知のこととは思いますが、単に通貨を売買するだけではそれほど利益を出すことは出来ません。そこで、手持ちの自己資金を担保として遥かに多くの金額を動かすことの出来る仕組みがレバレッジなのです。


fXEマーケットでは様々な取引ツールが用意されています。メタトレーダー4、ウェブトレーダー、そしてiPhone専用の取引ツールもあります。トレーディングポイントからXEマーケットになって、これらのツールを一つの口座で容易に管理できるようになったのは非常にありがたいことです。

XEMarketsは地中海に浮かぶキプロスという島に本拠地を構えるFX業者で、キプロス証券取引員会の認可を正式に受けています。しかもイギリス最大の銀行・バークレイズを提携銀行としており、社会的信頼性は申し分ありません。
XEマーケットの人気ポイントをまとめると、主に以下の四つが挙げられます。

・最大1,000倍という業界トップクラスの高倍率レバレッジ
・初回だけでなく2回目以降の入金にも対応してもらえる入金ボーナス
・日本語サポートサービス
・社会的信頼性の高さ
s本社をロンドンに持つ24Optionは、海外業者の中でも老舗でかつ最高水準のサービスを提供しているバイナリーオプション専門業者です。247ホールディングス社がバイナリーオプション専門部門として立ち上げた業者で、世界13ヶ国語で取引対応を行なっている大手グローバル業者と言うことができるでしょう。そのため提供しているサービスも、 「ハイロウ取引」「60セカンド」「ワンタッチ取引」や一定幅の取引である「レンジ取引」、週末取引の 「ウィークエンドオプション」などと幅広いのが特徴です。

中でも「ウィークエンドオプション」は、ペイオフ率250パーセントという脅威のリターンを誇っています。その他にも「60セカンド」の5分間版「300セカンド」も2013年より提供をスタートしました。最低取引額は25ドルからとなっており、上限はありません。
3トレーダーにとって、自分が取引している銘柄がどのように動いているかを確認するチャートは、まさに生命線と言ってもいいでしょう。そのため「バイナリー88」の提供する「60セカンド」では、4つのチャートを同時に一画面に表示することができるようになっており、トレーダーは細かな動きまで確認することができるようになっています。

またこの「バイナリー88」では、業界最大を誇るリターン率となっており、一定時間内に指定した範囲の上下にタッチするかどうかを予想する「タッチ」では最大430%のリターン。ベーシカルな「60セカンド」では78%となっています。

その他にも毎月獲得できるキャッシュバックボーナスなどもあり、他の業者と比べても魅力的であると言うことができます。
heアイフォレックスを検索エンジンで検索すると、上位に被害者の会のブログなどが出てくることもありますが、これについては冷静に見て判断する必要があります。そういったブログに記載されている内容がすべて真実なら、これほどの人気を得ることは難しいはずですから、そういったことも念頭に置いたうえで真偽を見極めたいものです。
また、取引のチャンスは、一瞬ですし、どのタイミングでやってくるかわかりません。アイフォレックスでは、クイック注文機能で素早い取引ができるため、取引のチャンスを逃しません。さらに、一つの画面で数十種類もの通貨ペアのチャートを確認できるため、テクニックを存分に駆使して取引することができ、これもプロトレーダーに人気がある理由の一つとなっています。


次は「スワップ」。これは通貨間の金利の差のことで、省略せずに「金利スワップ」と呼ばれることもあります。各国の通貨には固有の金利が掛けられており、その国の金融政策や経済状況によって上昇したり、下落したりします。ある通貨をFXを通じて購入した場合、その通貨と相手側の通貨の金利差を受取、あるいは支払わなくてはなりません。例えば、日本円で相手の通貨を購入する場合、仮に日本円の金利が1%で、相手の通貨が2%であった場合、その差である1%の金利を受け取ることが出来ます。逆に日本円が3%で、相手国通貨の金利が1%であれば、金利差の2%を支払う形になります。スワップは基本的に毎日決済され、証券会社ごとに値が異なります。FXは短期取引が一般的ですが、外貨を購入するのと同じように金利による収入を狙うこともできるのです。

最後にご紹介するのは「スプレッド」です。これはある通貨の購入価格と売却価格の差を表しています。日本円と米ドルで言えばだいたい1銭から5銭程度が一般的ですが、この値も証券会社ことに異なり、1銭を切るスプレッドを謳い文句にしている会社もあります。ほとんどの証券会社は手数料を無料にする代わりに、このスプレッドで利益を得ています。一日に何回も取引をするような場合には大きな金額となっていきますので、そのような投資スタイルを選択した時には、低スプレッドの証券会社を選ぶことが重要だと言えるでしょう。