FX 損失が出るのは怖がらなくて良い!

rrr為替相場は常に変動しています。上がったり、下がったり、上がり続 けたり、下がり続けたり、急に上昇したり、急に下落したりします。安定していることはまれにありますが、それでも小刻みに値は動いています。


FXをしていて損失を出してしまうことは、どうしても避けられないことです。まずはこのことをしっかりと頭に入れておきましょう。天才的なトレーダーだって、億を稼ぎ出しているトレーダーだって、百戦連勝なんてことはあり得ません。負けているときは、必ずあるのです。これはFXだけでなくバイナリーオプションでも同じ事が言えます。FXとバイナリーオプション ランキングについては次回とりあげたいと思います。

損失を出してしまったとき、人はどうしても取り戻そうとします。普段はしないようなロット数で勝負したり、見送るような局面で売買をしたりして損失を広げてしまうのがFXの失敗としてよく聞かれる話です。

損失を出してしまったときに大切ななのは、取り戻すことではありません。その損失を大きくしない、と言うことなのです。

損失は大きくしないために必要なことが「ストップ(損切り)」です。ストップ(損切り)をきちんと行える人こそがFXで勝つことができると言っても過言ではありません。

ストップ(損切り)は自分でルールーを決めて、それに基づいて行うのがもっとも効果的な方法です。余計なことを考えずに機械的に行った方が、損失は小さくてすみます。一度決めたルールは変えない、という姿勢でのぞむとうまくいきます。

フォレックス取引をこれから始めようとしている方は、このストップ(損切り)について真っ先に学ばれることを強くオススメします。一口にストップ(損切り)と言っても、手法はいろいろあるからです。

もうすでにFXを初めていらっしゃるという方でも、あまりうまくトレードができていないようであれば一度休んでみて、ストップ(損切り)のルールについて考え直す時間を設けることをオススメします。この文章を読んでいらっしゃる皆さんは、プロのトレーダーではありません。好きなときに好きなだけ休むことができます。調子が悪いときは休んで作戦を練り直すことが可能なのです。

FXをするならもちろん経済指標はわかった方が良いし、分析能力もあるにこしたことはありません。チャートも読めた方が良いし、そのための勉強をすることは無駄とはなりません。自動売買が可能なMetaTraderの使い方も断然知っておいた方が特ですね。