金利差でゆったり利益を上げるFX

FXでは2つの異なる通貨を売買することで利益を産んでいきますが、このそれぞれの通貨にも政策金利が掛かっています。
この二つの通貨の金利の差をスワップポイントと言い、低い金利の通貨で高い金利の通貨を買って保持していると、その金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。
また、この逆のパターンで、金利の高い通貨で低い通貨を保持し続けていると、このスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。
つまり、FXには相場の動きを利用して通貨売買をし、その為替差益を求めていく方法と、この金利差を利用したスワップポイントを求めていく方法と、二種類の利益獲得の仕方があるのです。

現在の日本の金利は低くなっているために、円と通貨のペアを組む銘柄を選択しておけば、比較的にスワップポイントを得やすい状況になっていると言えます。
スワップポイントの計算は日ごとに行われ、その保持している状態を決済して解消することで支払いが行われます。
当然、たくさんの通貨を長い間持ちづつけていれば得られるスワップポイントも大きくなりますので、資金を投入して大量の通貨を獲得するか、FX取引業者との信用取引であるレバレッジを行い、その倍率を高く設定してたくさんの通貨を保持することができれば、その利益も大きくまります。
スワップポイントを目的として取引業者を選ぶ際には、そのスワップポイント自体の設定の数値と、ロスカットの設定値に注意しておく必要があります。

ロスカットとは投資家を多大な損失から守るシステムで、保持している通貨の相場が変動して損失を含んだ状態になった場合、その含んだ損失額が、取引業者の口座に預けている証拠金に対してある一定の割合になった場合に、強制的に決済を行って保持状態を解消して、損失を確定させてしまう仕組みの事です。
長い期間を見込んで投資でスワップポイントを獲得をしようとした場合には、ある程度の変動で損失を含みこむことは許容して通貨を保持し続けるのですが、このシステムがあるために、強制的に投資が終了させられてしまうことがあるのです。
そうならないためにも、取引業者によって差異があるロスカットについては、その基準をそれぞれに鑑みて選考することが必要になってくるのです。
また、スワップポイント自体の数値も取引業者ごとに違っています。短期取引で為替差益を狙っていくことを考慮した取引業者では、一回ごとの取引手数料を小さくする代わりにスワップポイントの値も小さくしている場合があります。その逆に、取引手数料が高めの設定であっても、スワップポイントの値を高めにしている業者もあるのです。
その他では、通貨によっても金利の高いものや低いものがあります。例えば新興国や資源産出国などは、政策金利も高い所が多いために、そのスワップポイントも当然高くなります。どの国の通貨を扱っているのか、どんな銘柄が用意されているのかも業者によって違いますので、まずはFX取引業者のウェブサイトを訪れるか、他の投資家のブログや情報サイト、ランキングサイトなどを参考にしてみるのが良いでしょう。